恋愛・青春

『WILL(本多孝好)』の感想あらすじ / ラスト2行のためにある1冊

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は本多孝好さんの『WILL』を極力ネタバレなしでご紹介します。

あの累計30万部超えのベストセラー『MOMENT』の姉妹編。『MOMENT』の7年後を描く。

created by Rinker
¥682
(2020/07/14 12:05:01時点 Amazon調べ-詳細)

『WILL』のあらすじ

ベストセラー『MOMENT』姉妹編
家業の葬儀店を営む29歳の森野。米在住の幼なじみ・神田との関係には結論が出せないまま。だが店に持ち込まれた事件を通じ、遺された人々の想いを目にして彼女は変わってゆく。静かな感動の物語。(集英社「WILL-本田孝好/著」より

『WILL』の感想

『MOMENT』では神田という男子大学生が主人公でしたが、神田の幼馴染として登場していた森野が今回の主人公です。ちなみに森野は女性です。

『MOMENT』では神田と森野の関係が気になる感じで終わりましたが、その7年後の今作では二人の関係はどうなっているのか・・・!そこも注目ポイントですね。

葬儀屋の社長である森野のもとに「幽霊が出た」とか「葬儀をやり直したい」などの不可思議な話が舞い込むストーリーなのですが、もちろんホラー系ではありません。

全体的に心温まる感じですが、『MOMENT』同様にところどころミステリ要素が入ってきます。

『MOMENT』とは完全に話がつながっているわけではないので、『MOMENT』を読んでいなくても楽しめる作品ですが、読んでいる方が100倍楽しめますね。

この作品の魅力はラストの2行なんですが、これのために『MOMENT』と『WILL』のそれまでのページがあったんじゃないかと思うほどのラストになっています。

管理人kisa
管理人kisa
さらに続編の『MEMORY』も発売されています。『MOMENT』→『WILL』→『MEMORY』の順番で読んでくださいね!

 

created by Rinker
¥682
(2020/07/14 12:05:01時点 Amazon調べ-詳細)