児童書「リンの谷のローワン」シリーズを読む順番は?あらすじ・感想とともに紹介!

リンの谷のローワンシリーズ

※当記事にはアフィリエイトリンクが含まれます

『リンの谷のローワン』は、引っ込み思案な少年ローワンが仲間とともに困難を乗り越える冒険ファンタジーシリーズ。

全5作が発売されていますので、ぜひ順番に読んでみてください!

目次

リンの谷のローワンシリーズの概要・感想

シリーズ名リンの谷のローワン
作者エミリー・ロッダ
さくまゆみこ
佐竹美保
出版社あすなろ書房
対象年齢不明

リンの谷のローワンシリーズは現在 5作目まで発売されています。

明確に 5作目で完結とはされていませんが、5巻が発売されてから20年経っているので、‟もう新作(6巻)は出ないのでは”と言われています。

※2023.11.18時点

希咲

魔法の地図や洞窟、そして竜などファンタジー要素がたっぷりのリンの谷のローワンシリーズ。巻を重ねるごとに主人公ローワンがどんどんたくましくなっていくのが見どころのひとつです。

リンの谷のローワンシリーズの読む順番

1巻:ローワンと魔法の地図

リンの村を流れる川が、かれてしまった。このままでは家畜のバクシャーもみんなも、生きてはいけない。水をとりもどすために、竜が住むといわれる山の頂きめざして、腕じまんの者たちが旅立った。たよりになるのは、魔法をかけられた地図だけ。クモの扉、底なし沼、そして恐ろしい竜との対決……。謎めいた6行の詞を解きあかさなければ、みんなの命があぶない!

あすなろ書房公式HPより

2巻:ローワンと黄金の谷の謎

created by Rinker
あすなろ書房
¥1 (2024/05/20 04:58:58時点 Amazon調べ-詳細)

魔女シバをも、ふるえあがらせた不吉な夢。
音もなくしのびよる敵は、村人たちを闇の世界へとひきずりこんでゆく……。

伝説の<黄金の谷>は、本当に存在したのか?
リンの村を襲う敵の正体をあばくため、そして、二つの民の友情を守るため、ローワンは、地獄へと足を踏みいれる!

あすなろ書房公式HPより

3巻:ローワンと伝説の水晶

created by Rinker
あすなろ書房
¥607 (2024/05/19 13:04:59時点 Amazon調べ-詳細)

3つの氏族が対立する水辺の民マリス。
長らく友好を保ってきたマリスとリンの間には、ひそかに伝えられてきた、大切な約束があった。
使者の、突然の到来により、その驚くべき事実を明かされたローワンは……。

あすなろ書房公式HPより

4巻:ローワンとゼバックの黒い影

created by Rinker
あすなろ書房
¥1,540 (2024/05/19 13:05:00時点 Amazon調べ-詳細)

300年ものあいだ封印されていた
リンの歴史の謎が、今、明かされる!

さらわれたアナドを助けるため、ローワンは宿敵ゼバックの地へ。
孤独な戦いに挑むローワンのもとに、4人の仲間が駆けつけた!
<マリス>のパーレン、<旅の人>ジール、<道化者>のアラン、そしてもうひとり、第4の人物とは……?

あすなろ書房公式HPより

5巻:ローワンと白い魔物

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/19 13:05:01時点 Amazon調べ-詳細)

リンの谷、史上最大の危機!
はたしてリンの谷に、ふたたび春はおとずれるのか?!

リンの谷をおそった異常気象。
谷は雪にうずもれ、食料は底をついた。
そして不気味な霧とともに、<白い魔物>がやってくる。
村人たちは生きのびるために、リンの村をあとにした。
残されたのは五人だけ。バクシャーと運命をともにすることを決意したローワンと、女長老ラン、ノリスとシャーランの兄妹、それに家具屋のブロンデンだった。

あすなろ書房公式HPより

リンの谷のローワン 全巻セットも発売中

リンの谷のローワンシリーズの全巻セット(1~5巻)も発売されています。

created by Rinker
¥6,460 (2024/05/19 13:05:01時点 Amazon調べ-詳細)
リンの谷のローワンシリーズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次