夢のイベント「朝マデBOOKS」で本屋に泊まってきました!【体験レポ】

『本屋さんに泊まる』

本好きとしては、死ぬまでに一度は叶えたい夢じゃないですか?

そんな夢が叶うイベントが岐阜の各務原にある草叢BOOKS(クサムラブックス)で行われたので、参加してきました!

『朝マデBOOKS』参加レポ!

本屋 泊まる 草叢ブックス

夢のイベント「書店に1泊 朝マデBOOKS」を開催してくれたのは、岐阜・各務ヶ原のアピタ1Fに入っている草叢BOOKS(クサムラブックス)さん。

中古本や文房具、DVDレンタルまで取り扱っていて、スターバックスコーヒーやヨガスタジオが併設された充実書店です。

 

30万冊が読み放題!好きなだけ読める至福の時

本屋 泊まる

「朝マデBOOKS」は20時~明朝8時までの間、約30万冊の在庫が読み放題!というイベントでした。

さぁ、20時に集合し、説明を聞いた後は翌朝まで自由時間。

店員さんの「好きな場所で好きなだけ、自由なスタイルで読書を楽しんでください!」の声を合図に、約20名の参加者がおのおの、自分が落ち着いて読書に没頭できる場所へと散らばっていきました。

私はスターバックス内にあるソファイスをゲット!

本屋 泊まる

あったかい紅茶を買って、まずは気になっていた「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」を読みました。

 

その次は小説をパラパラ・・・。(結局この本は買って帰ることにしました)

本屋 泊まる

飲食も自由に持ち込んでいいということだったので、お菓子をポリポリしながら気になる本を読み漁りました。

気になる本を持ってきて、読んで、また次の本を探しに行って・・・の連続ですね。

管理人リナ

管理人リナ
気にはなるけど、買うまでではない・・・という本を好きなだけ読めるのは嬉しいですね。

 

普段巡り合わない本に出逢える「本の交換会」

イベント中には任意で「本の交換会」が行われました。

本屋 泊まる

一人一冊、自分のおすすめ本を持ち寄り、その代わりに他の参加者が持ってきた本の中から一冊持って帰れるというもの。

クジをひいて、1番の方から順番に本を選んでいきました!

私は10人中8番。残り3冊となった中から、上橋菜穂さんの「狐笛のかなた」を頂きました。(参加者が書いたPOPも一緒に・・・)

本屋 泊まる 本屋 泊まる

「精霊の守り人」で有名な上橋さんですが、まだ読んだことのない方だったので嬉しいです。当たり本でした!

 

皆さん、思い思いの時間を過ごしていました

そんなこんなで夜も更けていき、他の方の様子をうかがうと、皆さん自由に読書を楽しまれていました。

テントや簡易イスを持ってきていたり、床で横になっていたり、芝生スペースでくつろいでいたり・・・。

私は本屋に泊まる経験は初めてだったのですが、どうしても眠くなるだろうなぁと思って毛布だけは持っていきました。

約12時間もの長い間、本を読めるのは嬉しいですが、実際はそんなに本を読み続けることってできないんですよね。疲れたり飽きるので、携帯をいじってみたり少し仮眠をとりながら過ごしました。

他の方はちょっと横になったり、また本を読んだりを繰り返している人もいれば、ずっと読み続けている人もいたりと、そこも人それぞれでした。

↓草叢書店には普段からイスなどが置かれています本屋 泊まる

 

そういえば、今回のイベントでは参加者が一晩を楽しく乗り切れるようにと差し入れを頂きました。

近所のAKICHIPANさんというパン屋さんのオリジナルパンを1個と・・・

本屋 泊まる アキチパン

Farm Designsさんの「牧場の白いプリン」。あとはスターバックスのコーヒー。

本屋 泊まる スタバ

これらも自分の好きなタイミングでとっていってくださいね~ということで、夜中の2時くらいに頂きました(太る・・・)

管理人リナ

管理人リナ
ちなみに、パンもプリンもすごくおいしかったです!牛乳プリンなんですが、バニラビーンズと洋酒が入っていて深い味わいでした。ごちそうさまでした!
本屋 泊まる 牛乳プリン

 

総括:本屋に泊まってみて・・・

「本屋に泊まってみたい!」そんな夢を叶えた日の朝、私は疲れ果てていました(笑)

ほぼ徹夜の状態で過ごすのはやはりしんどいですね。

でもたくさんの本を読めた充実感でいっぱい・・・!本当に楽しい経験をさせてもらいました。

結局読めた本はマンガやビジネス本、エッセイ、雑誌など、全部で20冊ほど。

本屋 泊まる

こんなにたくさんの本を読んだのも、本屋をこんなにじっくりと周ったのも初めてでした。

でも帰宅してみると「あぁ、そういえばアレも読みたかったのに」と思い残しがあって、どんなに時間があっても足りないものですね。

管理人リナ

管理人リナ
むしろ‟本屋に住みたい”と思ったほどです。

 

これまで私は「BOOK AND BED TOKYO」や「ランプライトブックスホテル」へ行ってきましたが、やはり‟普通”の本屋さんに泊まるのは一味違います。

あなたも、もし興味があれば色々なタイプの「本屋に泊まる」を経験してみてください。

きっとたくさんの発見と充実感を味わえることでしょう。

本屋 泊まる
“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

BOOK AND BED TOKYO京都

BOOK AND BED TOKYO 京都店に行ってきました!

ランプライトブックスホテル名古屋

【伏見】ランプライトブックスホテル&カフェ名古屋に行ってきました!

第9回くらもと古本市が開催決定!長野県諏訪の酒蔵を舞台のブックイベント

いまどきのブックフェア

京都の『いまどきのブックフェア』に行ってきました!

名古屋みなと蔦屋書店

【9.28New】ららぽーと名古屋みなとアクルスに東海地区初「蔦屋書店」がオープ...