おすすめの小説と、本のある暮らし

『邪魔(奥田英朗)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。 今回は奥田英朗さんの『邪魔』を極力ネタバレなしでご紹介します。

疑念や嫉妬、プライド、弱さなどの人間の心理をうまく描いた1冊。主人公が行きつく最後がどこなのかが気になる重ための作品です。

内容紹介

「夫は放火犯かもしれない・・・」

そんな疑惑が芽生えた時から平凡な主婦・恭子の日常は変わっていく。

日常と家族を守ろうと奮闘する恭子と、放火犯をつかまえようとする九野刑事の向かう先とは・・・。

読んだ感想

「夫が放火をしたのでは・・・?」と疑念を抱いたところから日常が変わっていく一人の主婦と、その放火犯を追う刑事を交互に主人公にして物語が進みます。

 

最初は普通の刑事小説かな?と思って読み進めましたが、主婦が夫に疑念を抱きはじめたあたりからストーリーに疾走感が生まれてどんどんと引き込まれていきました。

 

主婦・恭子は普通の主婦だったのに、夫への疑念から「なんとしても子どもを守らなきゃ」「自分がやらなきゃ」という使命感にかられて人が変わっていきます。まさに180度性格が変わったようになってしまうのですが、それが恭子の転落人生のはじまり。

スピードが出てしまって坂道を転げ落ちるしかない自転車のように急転落していき、最後は壁に激突・・・のようなストーリー展開です。

普通の主婦のはずだったのになんとあわれな・・・と思ってしまったほどです。

 

でも人は、あるきっかけで何かのスイッチが入ってしまうことがあるかもな、とも思いました。

『周りが見えなくなって、自分の正義がすべてになって、ふっと気づいた時には大切なものを失っている』

そんな経験ないですか?私はちょっと思い当たることがあって、またそんな状態になっているんじゃないかなという知人にも心当たりがあります(汗)

 

もう一人の主人公・九野刑事も普通の刑事かと思いきや、実は問題を抱えているというのがびっくりさせられたところ。

 

二人の主人公が最後どこに行き着くのかが見どころのひとつではありますが、個人的には納得のいくエンディングではありませんでした。好きじゃない終わり方で、そこだけが惜しかったなと思いました。

 

どちらかというと後味の良い終わり方ではないので、好き嫌いがわかれるかもしれません。

でも、人間なら誰もが持つ疑心感・嫉妬・弱さ・プライド・喪失感などの心の闇をうまく描いた作品です。疾走感もあって、ついついのめり込んで最後まで読み終えてしまう1冊です。

文庫本は上下巻に分かれているほど長い小説なので、じっくりと長編小説を読みたい人におすすめです。

 

世間の評価

主人公たちの心の闇や変化をうまく描いていると評価が高い人が多いですね。結末は賛否両論あるものの、それも含めた「重たい」感じが妙にリアルで面白かった人が多いようです。

 

また、奥田英朗さんの他の作品と比べると「あんまりかな」という意見も多く見られます。ただ酷評の数は少ないので、全体的に評価が高い小説でしょう。

 

こんな人におすすめ

  • 刑事小説が好き
  • ちょっと暗めの話が好き
  • 後味の悪い小説でも大丈夫
  • 長編小説を読みたい

 

商品情報

単行本

文庫本

*上下巻に分かれています

 

あわせて読みたい小説

映画化もされた「愚行録」。人間の心の闇を描いた重たいテーマの1冊です。

感想の記事へ

スポンサーリンク
 

『タルト・タタンの夢(近藤史恵)』の感想【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。 今回は近藤史恵さんの『タルト・タタンの夢』を極力ネタバレなしでご紹介します。

おいしいフランス料理がたくさん出てくる、ビストロを舞台にした短編集です。

内容紹介

商店街の小さなビストロで起こる不可解な出来事。

シェフがおいしい料理で客の心をつかみながら、不可解な謎を解いていく。

絶品料理も楽しみな短編7つからなる謎解き小説。

読んだ感想

舞台は小さなビストロ。気取ったフランス料理ではなく、家庭的な料理を出す気さくな店がビストロです。

私は以前ビストロで働いていたことがあるのですが、まさにその時のことを思い出しながら読み進めました。

 

この小説はビストロで起きる不可解な出来事の謎を解いていくストーリーなので、フランス料理に関する言葉がたくさん出てきます。

  • タルト・タタン
  • ガレット・デ・ロワ
  • ヴァン・ショー
  • デセール
  • ブルビ
  • カスレ などなど

聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、こんな言葉たちを知るのもこの小説の楽しみの一つでしょう。

料理の描写が詳しく書かれているので、具体的に想像できて思わずお腹がすいてしまいます(笑)

ビストロに限らず飲食関係の仕事をされている人なら読んでいて勉強になるし、状況も想像しやすいので読みやすいと思います。

 

ただ、この小説は短編集なのですが、結構薄い本なのに7編も収録されています。つまり1編ずつがとても短いのです。

読みやすいという利点の半面、1編ずつが‟薄い”というデメリットもあります。

謎解き小説ですが、その謎自体も複雑ではないですし、謎解きもサクッと終わってしまいます。そういう意味で物足りなかったなと思います。

 

サクッと簡単に読める短編小説を求めている人には良いですけどね♪

 

世間の評価

軽く読み進めることができる短編集という点では評価が高いです。それでいて料理の描写が詳しくて、「こんな料理が食べたい」「こんなビストロが近くにあったらいいのに」という声がありました。

 

逆に「内容が薄くて楽しくない」という声もありますね。ジャンルとしてはミステリになるので、ミステリや謎解きとして考えると物足りない=面白くないという意見も。

 

こんな人におすすめ

  • フランス料理が好き・興味がある
  • 飲食店で働いている
  • フレンチシェフになりたい
  • 軽く読める小説が良い
  • 普段あまり本を読まない

 

商品情報

単行本

文庫本

 

あわせて読みたい小説

続編も発売されています!この世界をもう一度・・・♪

 

お腹がすく料理が出てくる小説はこちら

感想の記事へ

スポンサーリンク
 

衝撃的な内容で話題!のぶみさんの絵本「にんげんごみばこ」の感想紹介

こんにちは、うさみです!衝撃的なタイトルで話題ののぶみさんの絵本「にんげんごみばこ」を紹介します。

『ママがおばけになっちゃった!』『いのちのはな』に続いて、また話題になっているのぶみさんの絵本が2008年に発売された『にんげんごみばこ』です。その衝撃的な内容・読んだ感想をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

『にんげんごみばこ』ってどんな内容?

『にんげんごみばこ』なんてタイトルからして衝撃的で本当に絵本なの?と思ってしまいますよね。

実際に読んでみたので簡単な内容をお伝えします。(ネタバレを含みます)

 

いらない人やきらいな人を捨てられる「にんげんごみばこ」

今日も「にんげんごみばこ」の前にはたくさんの女の子や男の子が‟いらない人”を抱えて並びます。

「にんげんごみばこ」の前には男の人が立っていて、必ずこう聞かれます。

ー本当に捨てていいの?ー

そう聞かれた女の子や男の子は考えます。

本当にいらない?もう会えなくなるってどういうこと?

そして彼らが出した結論とは・・・?

 

タイトルのまんまの内容ですが、人間を捨てるという考え方が絵本ではなかなか見られない展開になっています。

結末はどうなるのか?それは読んだ人だけのお楽しみです。

(この記事の最後で無料で読めるサイトの紹介をしています▼)

 

『にんげんごみばこ』の感想&評判は?

ちょっと物足りないなというのが正直な感想です(汗)

あっという間に終わってしまって「あれ、もう終わり?」という感じでした。でも絵本なのでこんなものですかね。

 

あとこれは作家・のぶみさんの絵本の特徴でもありますが、普通の子供向けの絵本ではないなというのが率直な感想です。

 

のぶみさんの絵本は「大人でも楽しめる」「大人向け」と言われ、その一方で「子どもには絶対読ませたくない」という否定的な意見も多いのです。

それはのぶみさんの絵本が命や死をテーマにしていて、楽しく読み聞かせる・・なんて内容ではないことが多いからですね。

だから「子どもにはまだ早い」「酷である」という意見が出やすいのです。

 

『にんげんごみばこ』もそんな賛否両論が飛び交う絵本です。

私はもちろん大人なので、この絵本を読んでみて気付かされる部分がありましたが、もし自分の小さな子どもに読み聞かせるかというと、ちょっと悩んでしまいます。

3~4歳の子どもにはまだ早いかと思いました。

ただ、小学生くらいのイジメが起きたり、人間関係に悩み始める年ごろの子には読ませたいなと思いましたね。小学生向けにもうちょっと内容を深く、濃くすると「おすすめ児童書」みたいな感じになると思います。

 

絵本作家・のぶみさんって?代表作は?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f2/%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%B6%E3%81%BF.jpg/200px-%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%B6%E3%81%BF.jpg

(出典:Wikipwdia“のぶみ”)

『にんげんごみばこ』の作者・のぶみさんは元ヤンキーから絵本作家になったという経歴の持ち主。今は現役のパパさんです。

代表作は『ママがおばけになっちゃった!』で、最近では『いのちのはな』も有名ですね◎普通の子ども向けではない絵本を書く作家さんとして、よくテレビでもよく取り上げられています。

 

『ママがおばけになっちゃった!』はタイトル通り、ママがおばけになっちゃうお話。

4歳の息子を残して事故で亡くなってしまったママと息子のかんたろう君のお話です。

おばけになったママとかんたろう君が再会して楽しい夜を過ごすものの、再び別れの時が・・・という内容です。

こちらも賛否両論が激しいですが、色々気づかせてくれる絵本だと思います。

詳しくは別の記事で紹介していますので読んでみてくださいね▼

ママが死んじゃう?のぶみさんの話題絵本の内容とは

 

『にんげんごみばこ』を無料で読もう!

絵本は自分の子どもにだけでなく、友達や親せきの子どもにプレゼントするものでもありますよね。そんな時に内容がよくわからない絵本はプレゼントしづらいものです。

 

そんな悩みを解決してくれるのが絵本ナビ という絵本専門サイトです。

絵本の試し読みができるというサービスが有名で最近人気のサイトなんですよ♪

「全ページためしよみ」と「ちょっとためしよみ」があり、「ちょっとためしよみ」は誰でもできます。会員になると「全ページためしよみ」が可能です。

 

もちろん試し読みをしたあとでそのまま購入することもできて、税抜1,500円以上で送料無料です◎

年齢別で絵本を探すこともできるので、絵本選びに迷ってしまった時に最適なサイトですよ。

 

『にんげんごみばこ』も全ページ試し読みができます!興味のある方は購入前に一度見てみてはどうですか?

絵本ナビ公式HPへ

 

まとめ

のぶみさんの『にんげんごみばこ』は確かにちょっと衝撃的で、子どもに読ませるのには勇気がいるかなという本でした。でも色々気付きがある良い絵本ですよ。

テレビで取り上げられて人気が出ているので、興味のある方は早めに購入するのをおすすめします!

 

『我が家の問題(奥田英朗)』の感想【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。 今回は奥田英朗さんの『我が家の問題』を極力ネタバレなしでご紹介します。

奥田英朗さんの家シリーズ2作品目。家族をテーマにした温かい気持ちになれる1冊です。

内容紹介

新婚なのに家に帰りたくなくなってしまった夫、両親が離婚したがっていると察知してしまった女子高生・・・

どこにでもありそうな‟我が家の問題”にピントを当てた家族小説。

読んだ感想

家族をテーマにした6編の短編集で1編ずつは短いのですが、どの話も読みやすくて続きが気になる面白さがありました。読み始めたら一気にのめり込んでいってしまいましたね。

 

家シリーズの2作品目とされる今作。前作の『家日和』よりも家族や夫婦の在り方によりスポットを当てた作品となっています。

新婚なのに家に帰りたくなくなってしまって戸惑ったり、両親が離婚しそうで悩んだりと、どこにでもいそうな‟我が家の問題”をテーマにしています。どこの家庭にもあるんだろうなという、小さいようで本人たちにとっては大きな問題が親近感がわきますね。

 

家族といえどなんでも言い合えるわけじゃないし、考え方も価値観も違うからいろいろあるけれど、でも家族っていいよね!と思える1冊だと思います。

個人的には前作『家日和』よりも好きですね。ほっこりと温かい気持ちになって元気をもらえる本でした(^^)

 

世間の評価

前作の『家日和』も読んでいる人が多いようで、今作も楽しく読めたという声が多いです。既婚者の人ほど、自分の身にも起こりそうな我が家の問題に共感できて感情移入しやすいようです。

サクッと読める短編集なので気軽に読めて良いという意見も多いですよ!

 

こんな人におすすめ

  • 新婚さん
  • 気軽に読める短編集が読みたい 
  • 最近ちょっとお疲れ気味・・・

 

商品情報

単行本

文庫本

 

あわせて読みたい小説

家シリーズを読みたいならまずはこれから!

感想の記事へ

 

続けて家シリーズを読みたいならこれ!

 

家族をテーマにした小説ならこちらもおすすめ!阿部寛さんと天海祐希さん主演で映画にもなりました♪

感想の記事へ

スポンサーリンク
 

『家日和(奥田英朗)』の感想を紹介【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。 今回は奥田英朗さんの『家日和』を極力ネタバレなしでご紹介します。

どこにでもある家庭の日常を切り取ったような話が詰まった、サクッと読める短編集です。

内容紹介

会社が倒産して主夫になったサラリーマン、ロハスに凝り始めた妻に戸惑う作家など・・・。

どこにでもありそうな、日常のちょっとした隙間にスポットを当てた短編集。

読んだ感想

どこにでもある家庭の日常を切り取ったような短編集が6編詰まった1冊です。

ネットオークションにはまる主婦や、突然の倒産で主夫になったサラリーマン、ロハスに凝る妻に戸惑う作家などが主人公。

こんな状況の主人公たちじゃ、あまり気持ちの良い話じゃないのかなと思うかもしれませんが、全然そんなことはありません!どれも軽快なストーリーで多少のユーモアもあるので気持ち良く読めました。

好き嫌いはあるでしょうが、どの話の主人公も人間味に溢れた魅力的な人物ばかりで私は好きですね。

「こんな生き方もあるよね」「こんな暮らしもいいな」と思いながら読みました。幸せって日常の中にあるんだなと気づかせてくれる本でもあると思います。

 

さらっと読めるので、普段本を読まない人にもおすすめです。

また、家シリーズとして『我が家の問題』『我が家のヒミツ』も発売されているので、これらもあわせて読んでもらいたいですね!話がつながっているわけではないので、どの作品から読んでも大丈夫です。

世間の評価

どの短編もサクッと読めて面白かったという声が多数です。どこにでもありそうで、でもなさそうな家庭の様子がうまく描かれていて楽しく読めたという人が多いみたいですね。

ちょっと笑えるコミカルな部分があることも読みやすさにつながって高評価の要因になっています◎

ほっこり温かい気持ちになって、でも少し考えさせられる。そんな1冊だったようです。

 

こんな人におすすめ

  • サクッと読める短編が好き
  • 女性よりも男性向き
  • 最近お疲れ気味・・・

 

商品情報

単行本

文庫本

 

あわせて読みたい小説

家シリーズを続けて読むならこれ!

感想の記事へ

スポンサーリンク
 

『旅屋おかえり(原田マハ)』の感想を紹介【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。 今回は原田マハさんの『旅屋おかえり』を極力ネタバレなしでご紹介します。

思わず旅に出たくなる!心温まる1冊です。

内容紹介

あなたの旅、代行します!

ワケあって旅に出かけられない人の代わりに旅をする‟おかえり”こと丘えりか。

‟おかえり”は旅を通じて人々の温かさに触れ、成長していく。きっとあなたも旅に出たくなる・・・!

読んだ感想

単純に、旅に出たくなる1冊です!私はもともと旅行が好きなので、「どっか行きたいな~」とウズウズしました(笑)

 

売れないタレント・‟おかえり”はひょんなことからワケあって旅に出られない人の代わりに旅に出ることになります。そして依頼人の想いを遂げるために奮闘する‟おかえり”。

ちょっと涙する感動ものの要素もあり、全体的に心温まる1冊です。

 

‟おかえり”の旅をレポートするシーンなどは、読んでいて本当にその風景や描写が思い浮かぶようでしたね!

旅先での人との出会い、おいしい食べ物、絶景、ほっとする温泉・・・そんな『旅』の魅力がたっぷり詰まっています。‟おかえり”は本当に旅が大好きという設定の女性なので、そんな‟おかえり”だからこそ、旅を通じて伝えられることがあるんだなと思います。

 

残念だったのは、旅のストーリーが2つしかなかったこと。この手の話だとオムニバス形式でいくつかのストーリーが描かれることが多いと思うのですが、この小説では2つのストーリーしか描かれていません。

その分一つひとつのストーリーが濃く、話にのめりこめるのが利点ではありますが、ちょっと物足りなかったかなと思います。もっと‟おかえり”の代行旅の様子を読んでみたかったなぁ・・・。

 

さらに、旅小説でありながら仕事小説の一面も持っている作品です。

‟おかえり”は売れないタレントで、その道で活躍することを目標に頑張っていますが、ある失敗からタレント生命の危機に立たされて、それを機に「旅屋」の仕事を始めることになります。

そんな‟おかえり”が旅屋という仕事にどう向き合っていくのか、どう生きていくのかもこの本の見どころですね。

 

世間の評価

 「旅に出たくなる」「旅のおともにぴったり!」との声が多数です。実際に旅屋という仕事があってほしいと望む声もありましたよ(^^)

心温まる本で、疲れた心に染みたと癒しをもらった人もいたようです。

 

こんな人におすすめ

  • 旅に出たい
  • 旅行が好き
  • 日常生活に刺激が欲しい
  • 最近お疲れ気味
  • ほっとしたい

 

商品情報

単行本

文庫本

 

あわせて読みたい小説

☆旅屋おかえりを読んでいて、雰囲気が似ているなと思ったのがこちらの本

感想の記事へ

スポンサーリンク
 

京都・裏具のしおりが和柄でかわいい!お土産にもおすすめ♪

f:id:create-crema:20170321192609j:plain

こんにちは、うさみです!今回はオリジナル紙文具を販売する京都のお店、『裏具』で見つけたオシャレなしおりをご紹介します。

スポンサーリンク

裏具とは

裏具とは京都にある手紙まわりのオリジナル文具を取り扱っているお店です。直営店は本店の『裏具』と姉妹店の『裏具ハッチ』『URAGNO』と京都市内に3店舗あります。

洗練されたシンプルなデザインで、京都土産や贈り物にぴったりの商品が揃っています。メインの商品は葉書や便せん、メモ帳、のし袋などの紙製品です。

 

しおり

はい、まりちゃん。これ京都のお土産!

えっ、これしおりですか?めっちゃかわいい♡

でしょ?京都らしい柄がオシャレだよね♪

 

裏具で販売されているしおりは2種類あり、1種類につき4枚のしおりがセットになっています。全部デザインが違ってかわいいですよ♪

私が実際に買ったのはこちらのタイプ。

f:id:create-crema:20170425195021j:plain

 

結構しっかりとした紙でできていて硬さがあります。裏面にはメッセージが記入できるようになっているのもオシャレですよね(^^)

f:id:create-crema:20170425195036j:plain

 

大きさは縦15cm×横3cmで、一般的なしおりよりもシュッとしてますね。縦の長さは文庫本とほぼ同じで、本によってはしおりが少しはみ出るかもしれません。

f:id:create-crema:20170425195048j:plain

 

紙質がしっかりしているので本に挟んでいても落ちることもないですし、とても使いやすいと思います。

お値段は4枚1セットで税込324円。私としてはかなり安いなと思ったのですが、どうでしょうか・・・?自分用はもちろん、本好きな人へのお土産でも喜ばれますね(^^)

 

その他の商品

裏具ではしおり以外にもブックカバーも販売されています。落ち着いた柄で『京都で読書』するにはぴったりのデザインです。

f:id:create-crema:20170425193627j:plain f:id:create-crema:20170425193701j:plain

(出典:裏具HPより)

他にも紙文房具が販売されていますね。

中でもおすすめはぽち袋です。サイズが4種類あり、それぞれデザインも豊富です。よく見かけるサイズのぽち袋の他に細長いタイプのぽち袋も♪

ぽち袋って急に必要になったりするので、常備しておくと便利ですよね(>_<)

f:id:create-crema:20170425195120j:plain

 

購入方法

お店

裏具は本店と姉妹店で全3店舗ありますが、各店舗でコンセプトや商品が異なります。私が実際に足を運んだのは本店の『裏具』です。しおりとぽち袋は販売されていますが、ブックカバーは『裏具ハッチ』での取り扱いとのことでした。

 

ちなみに本店『裏具』は少し地図がわかりにくいかなと。私は少し迷いました(汗)

裏具地図

祇園四条駅の四条大橋がある交差点(①)から南に行き、角にセブンイレブンのある交差点(②)も過ぎてさらに南へ。そして1本目を左に入り(③)、すぐ1本目を右に入ります(④)。

少し歩くと左側に裏具の看板があります。ここを入って細長い道を抜けて右へ行くとお店に到着します。白いのれんがかかっていますが、そちらではなく左側がお店になります。

もし迷ってしまったらお店に電話すると良いと思います☆

 

ネット販売

裏具では公式HPからネット販売も行っています。送料は税込5,400円以上で無料ですが、満たない場合は500円かかります。

*沖縄・北海道は税込9,180円以上で無料。未満の場合は1,500円かかります。

ギフト包装にも対応してくれるようなので、京都までは遠くて行けないという人には良いですね(^^)

 

まとめ

京都は本の街。書店や喫茶店が多く存在し、本が似合う街です。そんな京都では京都らしいしおりを使って読書を楽しみたいですね(^^)

京都旅行のお土産にもおすすめの『裏具』のしおり。京都に行くことがあればぜひお店に行ってみてくださいね♪

裏具 公式HP▶http://www.uragu.com/index.html

スポンサーリンク

【他のおすすめ読書グッズ】

www.livingwithbooks.net 

www.livingwithbooks.net

www.livingwithbooks.net

www.livingwithbooks.net